天然由来の成分を配合

ミネラルファンデーションの歴史

化粧品

ミネラルファンデーションは1970年代にアメリカで考案されました。医師が開発に携わっており、肌の弱い人でも使えるような材料が使われています。 今は随分良くなっていますが、当時のファンデーションは化学物質が多く使われたもので、肌にダメージを与えていました。 そこで目を付けたのがミネラルファンデーションです。特に肌が弱くない人も健康な肌を保てるということで注目されたのです。アメリカでブームになった後、日本にも上陸することとなり、あっという間にブームになりました。 近年はナチュラルなものを好んで選ぶ人が増えていますが、ファンデーションでもナチュラルな素材を使ったものが選ばれ始めています。毎日肌に付けるものなので、肌に優しいものを選びたいものです。

ミネラルとは鉱物のこと

ミネラルファンデーションのミネラルには鉱物という意味があります。ミネラルファンデーションには天然の鉱物が使用されており、具体的には二酸化チタンや酸化亜鉛、マイカや酸化鉄などです。これらは肌へのダメージが少なく、優しい洗浄力で落とすことができます。肌をゴシゴシ擦らなくてもメイクが落とすことができるので、肌が本来持っている潤いを損なわずに済みます。 これらの成分には紫外線を防御する、光を反射させて肌を綺麗に見せる、肌色を作るなどの働きがあります。従来のファンデーションと同じ役目を果たすと同時に肌にも優しいので、だれもが使って損のないアイテムと言えるでしょう。 ミネラルは肌の代謝を促す働きもあります。使えば使う程、肌を元気にしてくれるでしょう。